ネパールへの救援募金を贈呈

     ありがとうございました

日本山岳6団体「ネパール大地震救援募金」委員会と共に

ネパールへの救援募金を送りました

 

HAT-Jは、ネパールで「りんごプロジェクト」「ごみ焼却炉建設」の活動を行って来た山岳環境保護団体として、日本の主要山岳団体と共に、救援募金を募集してまいりました。

6 団体で集めることのできた募金は、 日本山岳会 14,269,351 円 日本山岳協会 4,009,231 円 日本ヒマラヤ協会 901,408 円 日本山岳ガイド協会 500,000 円 勤労者山岳連盟 1,000,000 円 HATJ 300,000 円 合計 約27,000,000 円 でした。以下の支援先を決定し、募金を送らせていただきました。

スクリーンショット 募金贈呈

HAT-Jが支援を続けてきた

ルクラ焼却炉の新たな建設

のために1800000円の募金

を贈呈しました。

 

〔使途内訳〕

 

 

1, 土石流で崩壊した、ランタン地域の再興(日本のNGOランタンプラン)

2, 地震で損壊した、ロールワリン地域の2つの学校の再建(カトマンズの公共団体)

3, ルクラ近郊に大型のゴミ焼却炉を建設するための資金(サガルマータ汚染管理委員会)

4, 首都近郊の山村への食糧(米500kg等)、トタン板、学校仮設費用(日本のNGOカトマンドゥ緑の基金)

5, ネパール登山協会


Posted in Topics and tagged by with comments disabled.

さくら100選 五条川の散策ウォーキング

名古屋地区に避難されている方々をお誘いして

さくら100選 五条川の散策ウォーキング

 

期日 2016年4月10日(日)

集合 午前9時30分 名鉄犬山線岩倉駅

解散 午前11時30分 集合場所にて

コース さくら100選の五条川沿い

参加者 避難されている方 2名

はっと会員 3名

支援センター窓口の方 1名

会員外 6名   計12名        五条川Sakura2561

 

 

避難されている方で、今回初めて参加して下さった方がいらっしゃったのは嬉しいことでした。

あまり体調がすぐれないようでしたが、

昼食の後、都合のよい方達と一緒に

2時半頃まで喜んで歩かれました。

(参考写真:wikipediaより)

昨日は、風もない穏やかな日だったので、さくらの花びらが時おりひらひら。のんぼり洗いや、はな筏を喜んで見ていただけて、嬉しかったです。

 

以上、報告致します。

 

H A T – J 東海支部 沼田


Posted in 東北応援プロジェクト by with comments disabled.

沼尻高原スノーシューハイク

冬の沼尻高原スノーシューハイクの報告

 

2月17日(水)沼尻高原スノーシューハイク

三春町の仮設住宅等にお住まいの富岡町と葛尾村の方36名の方をお誘いした。20160217沼尻

前日降った雪で思いがけずに素晴らしい雪景色に感激、新雪の中ロッジ周辺を久しぶり会った仲間とおしゃべりしながら2時間ほど歩き帰館、昼食は持参のお弁当にロッジ提供のけんちん汁、美味しかったです。

俳句を書いていただき、温泉に入り、郡山からいらした林万里子さんのピアノで清々しい気持のなり一句。今回はさらに「とらや」さん差し入れの羊羹をご馳走になりました。

 

 

 

3月14日(月) 沼尻高原スノーシューハイク

今回は大熊町の方で、いわき市と合津若松で避難されている方23人とHAT-J 5人です、昨日は土が見えていましたが、早朝から雪が降り大熊の方が到着したころは風なしのまるで誂えた舞台のような風景になっていました。沼尻スキー学校の前から女坂をゆっくりのぼり、スキー場の脇を通り、集落が眼下にみえる高台へ、道祖神が祀ってありました。

2時間ほど歩きロッジに戻り、温泉に入り、持参のお弁当にロッジの具たくさんのとん汁

がつきました。林万里子さんのピアノ演奏をきき、「とらや」さん提供のお汁粉をいただきました。大熊町はだいぶ移動があり、今回でこのハイキングに参加できなくなると、さびしそうに話していらした人がいました。 次回から誘い方の方法を考えましょうと、社共の方が話していらした。


Posted in 未分類 by with comments disabled.

ヒマラヤー変わりゆく景観 写真展

南アルプス市芦安山岳館にて開催中

2016年5月29日まで

EPSON MFP image


Posted in HAT-Jの催し by with comments disabled.

はっとじぇいうぉーく富士ロングトレイルその4

第4回 旧登山道を歩く

2月28日(日曜日)

・ 御殿場線 御殿場駅 8:50

・御殿場駅発 8:50 ぐりんぱ行きのバスに乗り、大野路で下車(9:20 頃)。 ・須山浅間神社に参拝し、旧登山道を用沢川に沿って登り忠ちゃん牧場付近でお昼。

・用沢川に沿って登り富士山資料館を見学し、十里木八幡宮(バス停)まで約 12km。 余裕があれば鑵子山 (1305m)麓まで。

・十里木八幡宮から、バスで御殿場駅に戻り解散。 ☆次回は,十里木八幡宮から白糸の滝付近まで。約 20km のほぼ平坦な道。

(行きの乗物例)
●新宿発
・6:31 小田急急行
・6:45 小田急特急あさぎり ・6:51 小田急箱根高速バス ●八王子発

6:28 八王子→町田→新松田駅 →松田→御殿場駅8:42

(帰りの乗物例)
●十里木発 13:40→14:23

15:00→15:43 ●御殿場発新宿行き

・16:00 小田急特急あさぎり ・16:01 小田急高速バス ・16:25 JR 国府津行き

持物等:着替え、雨具(傘)、飲み物、食料、地図など、交通費約¥4,000~

申込:2 月 24 日(水)までに事務局(03-6457-7183 )まで(13:00~18:00,水は休み)

 


Posted in HAT-Jの催し by with comments disabled.

新春講演会「ライチョウから知る日本の山岳環境」

2016新春懇談会特別講演会

「ライチョウから知る日本の山岳環境」  2000

 

講師:小林 篤

(東邦大学地理生態学研究室訪問研究員)

 

2016年2月13日(土)18:00-19:00

国立オリンピック記念青少年総合センター

センター棟 4F 404号室

 

tenteki

 

 

アクセス 小田急線

参宮橋駅7分

 

東京メトロ千代田線

代々木公園駅10分

 

お問い合わせはHAT-J事務局まで


Posted in HAT-Jの催し by with comments disabled.

親子ツリークライミング体験会参加者募集

ツリークライミング

親子ツリークライミング体験会参加者募集
日  時  平成28年1月31日(日) 9時00分から15時30分

場  所  国立オリンピック記念青少年総合センター 野外活動広場

協  力  ツリークライミング・ジャパン指導員、HAT-Jスタッフ

人  員  16人(満員になり次第締め切ります)

参 加 費  大人2,000円 子ども(小・中学生)1,500円

内  容  ①ツリークライミング ②植物観察ラリー、ハンドクラフトなど

 

申し込み  NPO法人ヒマラヤンアドベンチャートラスト(HAT-J)

お問合せ  〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-1-8 コートリィ305

TEL 03-6457-7183  FAX 03-6457-7184

mail: hatj_inf@hat-j.jp

 

ツリークライミングは大人も子どもも安全に楽しめる木登りです。 本来、木登りのような冒険的遊びや活動は子どもに限らずワクワクする楽しいものですが、事故防止の観点から次第に子どもの木登りの機会が減少しています。子どもは冒険的遊びから様々な発見や感動を体得し危険予知能力など生きる術を学ぶことができます。HAT-Jは、今年度も、親子で自然に親しむ「ツリークライミング体験会」を実施します。

 


Posted in HAT-Jの催し by with comments disabled.

滝富士ハイキング 報告

東北応援スタッフ企画

 

つながりっぺ大熊町民と滝富士ハイキング

12月8日(火)

 

大熊町から避難された参加者14名、大隈町社協3名、HAT-Jスタッフ2名.総勢19名で10時「滝富士」登山口出発。

11時10分には山頂到着。takif006

昼食をとり下山開始。途中紅葉の龍神峡により14時10分無事登山口に到着。

当日は、朝から雲一つ無い快晴で集合場所を予定通りバスで出発、登山口で準備体操をして山頂に向かう、この時期としては気温も高く15分程歩いた所で上着を脱ぐほどであった。

9合目で初め他の登山グループと会い、そこから前回登った明神山が見えて、その時の話しをしながら山頂に到着した。

山頂で早めの昼食をして下山する。下りは足取りも軽やかに、数少ない道端の花を探し紅葉と紫式部の共演に歓声が上がっていた。

芦の草登山口の方に下り竜神橋に向かい橋を渡って高柴ダム方面に歩く、鮫川の竜神峡と言われる所は紅葉も終わりになっていたが、鮫川の支流の天の川出合いは丁度紅葉も見ごろで参加者から来たかいがあったとの声があった。

紅葉散策は予定時間と歩く距離をオーバーしたが、登りだした登山口に戻ってバスに乗り帰路についた。


Posted in 東北応援プロジェクト by with comments disabled.

沼尻ロッジ芋煮会と紅葉ハイキング 報告

HAT-J 東北応援プロジェクト 特別企画第3弾

~ふくしまの紅葉歩きと芋煮を楽しみませんか~

11月9日~10日

参加者新宿から21名(内東北応援プロジェクトより3名)飯能から13名北海道2名計36名でした。新宿7:15出発、雨を心配しながらの出発でした。

時折青空がのぞき陽が射しはじめ福島に近づくにつれてまわりの景色が秋色に染まってくると車内が賑やかになり、沼尻に高原ロッジに13:30到着。部屋でくつろいだり、周囲を散策したり、お風呂に入ったりと自由な時間を過ごしました。

16:00~バザーが開始、全国の皆様からご提供していただいた品々が並び、にぎやかなお買物タイム。おかげ様で、バザーの売り上げとご寄付の合計が249,490円となりました、HAT-J東北応援プロジェクトとネパール震災支援に3:2の割合で寄付させていただきます。ご協力していただいた多くの方々に厚く御礼申し上げます。

夕食は、ロッジの方々の心のこもった優しく懐かしいお料理とおいしいお酒の飲み放題に皆さん大喜び。夕食後の福引では更に盛り上がりました。

10日は9時に出発バスにて姫沼と達沢の滝巡りへ姫沼では足元DSC02646のもみじの絨毯の上を歩き、見上げれば大樹のもみじの紅葉の美しさでしばし足が止まってしまいました。達沢の滝ではひんやりした冷気の中で何度も深呼吸をして元気をもらいました。ロッジに戻ると田部井さんのお友達手作りのあたたかい芋煮とおにぎりの昼食が準備されていて、ありがたくおいしくいただきました。

13:00ロッジを出発、新宿18:00着。

車中では、紅葉がすばらしかった、お食事がとても美味しく、懐かしい味だった、温泉が気持よかった等々の声が続き…参加された方々が心も体も満喫された様子で楽しんでくださった事がなりよりでした。


Posted in 東北応援プロジェクト by with comments disabled.

霊山ハイキング 報告

福島県内に避難されている大熊町のみなさんと

霊山ハイキング

 

10月30日(金)

国の名勝、日本百景「うつくしま百名山」にもなっている福島県伊達市霊山町に位置する霊山(りょうぜん)へ。いわき市、会津若松市に避難されているみなさんをお誘いしました。

500x500-49154 参加者は24名。大熊町社会福祉協議会から9名、HAT-Jスタッフ7名。集合場所の霊山登山口で準備体操をして、3班に分けて9:20出発。紅葉の霊山を歩きまし500x500-49152た。散在する奇岩や真っ青な秋空に映える紅葉を堪能し、午後から風の強まる中、早めの下山となりました。紅葉館で入浴して、15:00解散となりました。大熊町は中間貯蔵地になることもあり、みなさんいろいろな問題と向き合いながらも、新たに10名の方が参加してくださり、「二重丸◎」の感想をいただきました。

 


Posted in 東北応援プロジェクト by with comments disabled.