飯盛山ハイキング&温泉

東京都内に避難されている皆さんをお誘いして『長野県・飯盛山ハイキング&温泉』の報告

120925_12012年9月25日(火)に、東京都内(世田谷、豊島、中野、江東、新宿、立川など)に避難されている大熊町、楢葉町、富岡町、双葉町、南相馬市、いわき、浪江、気仙沼、石巻などのみなさんを「長野県・飯盛山ハイキング&温泉」にお誘いしました。都内各地から、各みなさん慣れない電車で新宿駅に集合し、7時にバスで出発。参加は29名、HAT-Jからは田部井代表を含め10名、アルソア本社から3名の合計42名。

朝は雨模様だったものの、天気は好転するという予報を信じて、中央高速を西へ向かいます。長坂ICから登山口に到着。雨の心配はもうなくなり、準備体操をして3班に分かれて出発。

120925_2樹林の道は、最初は少しぬかるんで、足運びも慎重になります。雨後の緑はひときわ美しく、樹林を抜けると雄大な八ヶ岳の眺望が開けました。右手に八ヶ岳、正面に飯盛山の頂上を見ながら、ワレモコウ、マツムシソウ、アザミ、トリカブト、ススキ等々、秋の花を愛でる歩きは最高!みなさんから口々に「キレイ?!」「来て良かった!」「気持ちがせいせいする!」と声が上がりました。人の心を洗う自然の力にスタッフも感動。今回も、参加者の知り合い同士が知り合いで、互いの無事がわかったりの出会いがありました。自然の中で暫しの語らいの時間も。

頂上では、各自持参のお弁当を広げ、お漬け物を回したり、和気あいあいのランチタイム。元来た道を無事下山。約3時間のハイキングでした。

120925_3下山後は、バスで、地元名産品の店に立寄り、野菜や果物を味見したり、購入したり。福島でも作っていたというトウモロコシに思い出もよみがえる場面もありました。最後は、スパティオ小淵沢で温泉に入浴です。お風呂の名前は「延命の湯」。思わず「あ?、極楽、極楽」「生き返る?」と口にしてしまいます。

帰りは高速道から富士山も眺められ、一路新宿へ。今回も無事終了で、スタッフ一同、みなさんの笑顔に心が軽くなる思いでした。

主催:NPO法人日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト(略称:HAT-J)

株式会社アルソア本社

協力:株式会社アルカ


Posted in 東北応援プロジェクト and tagged by with comments disabled.