第10回 国際交流青少年環境体験登山  

2003    Hong Kong

OLYMPUS DIGITAL CAMERA実施期間:2003年12月26日~8月30日

実施場所:香港

参加者数:50名

参加国・地域:日本・パキスタン・ネパール・ブータン・香港・台湾、マカオ
主催:HAT-J

共催:草原之友 中国香港旅行遠足聯会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA12月26日、各国の代表が香港に到着。西貢の保良局度暇営入る。
一部の国は、前日に香港入りし、この日はハイキングに。

12月27日、朝食後、宿舎を出発、西貢東郊野公園遊客中心(ビジターセンター)で公園の説明を聞いた後、ハイキングに出発。途中、民俗博物館を見学し、海野見えるトレイルを萬宜水庫(貯水ダム)まで行き、昼食。麦理浩トレイルを通り保良局度暇営に戻り、夜はユースフォーラム。各国のスピーチ夕、香港アピールの採択など。

12月28日、2グループにわかれて、ハイキングに出発。1グループは、雷打石山を経て麦理浩トレイルへ、もうひとつの峰ここえてきたグループと合流して昼食。グループを再編して、1グループは大網仔へ直接下り、もう一グル1グループは、鶏公山(399m)まで、一旦、150メートルまで下り、再び登り返して山頂へ、休憩ののち、急な傾斜を下山。この日からの宿舎の香港青年協会西貢戸外訓練営に入る。夜は、交流会で、各国・地域参加者が出し物やゲームに興じる。

12月29日、 ライオンズクラブ自然教育センターを見学の後、ラムサール条約の登録地のマイポに向かう、途中、昼食は「火鍋」,山ともりあげられた具に驚きながらも、食は進む!! WWFの事務所でバスを降り、歩いて自然観察。宿舎に戻って、おわかれパーティ。宿舎のバーベキュー場で香港流バーベキューを楽しんだ。

12月30日、解散の日、各国・地域の日程にあわせて、宿舎を出発。日本からの参加者は、九龍で市内散策ののち、午後のCX便で帰国。