ネパール自然保護協会からのお願い

自然は大事にして子供や孫の代に引きつぎましょぅ。これからトレッキングをはじめると、あなたは自然の中でただ一人だけになる。あなたが自らの国でしたように自然に接してください。もしも間違った接し方をするとデリケートな自然のバランスが乱れてしまいます。
①動物の毛皮、野獣の肉、生きている野生動物を密 猟者から買わないでください。
②料理用にはケロシンなどの燃料を持参して下さい。地上に落ちている楢葉や楢枝は燃料として使っても結構です。
③キャンプフアイアのため村人から薪を買わないでください。村人に濫伐をさせないために。
④キャンプ地の出発に当っては火の後始末を注意してください。
⑤キャンプは、きめられたところでしてください。規定のないところでは空き地か川岸でして、やぶの中や木を伐ってキャンプすることはしないでください。
⑥ 事前の許可なしに植物、鳥、化石、岩石などを採集しないでください。
⑦木を伐ったり、野生動物を射ったり、釣りをすることは許可証なしには固く禁じられています。
⑧たばこの吸いがら、あきかん、トイレットペーパーなどを途中で捨てたり、川の水をよごしたりしないでください。
⑨木の幹や石に自らの名前を刻んだりしないでください。
⑲ネパールの地域によっては地方自治体で自然保護の規則をつくつているところがあります。そのようなところではその規則に従ってください。
⑪ポーターやシェルパに自然保護について教育してやってください。
以上のような注意を守っていただくことによって、この自然は代々引きつがれるでしょうし、このネパールの贈りものはあなた方の脳裏に生き生きと焼きつけられるでしょう。