カトマンズ宣言

UIAAは、1982年にカトマンズで会議を開き、次のような宣言を出しましたが、これは、「UIAAのカトマンズ宣言」として、山岳地域の環境保全に関する基本的な共通認識として、今でも高く評価されている。

 
●山岳環境・景観に対する有効な保全措置を急いで講ずるようにしよう。

●植物、動物の生態系及び天然資涼の保護に努力し、山岳環境の保全につとめよう。

●人間の登山行動による自然破壊を防止しよう。

●地域の文化的通産を尊重し地元住民の尊厳を犯さないようにしよう。

●自然の回復と復元活動を推進しよう。

●各国の豊山家が、友好と平和の精神で交流し、自然保護を促進しよう。

●人間と環境の調和をはかり、そのために必要な情報と教育を相互に利用出来るようにしよう。

●エネルギーと鹿妻物の処理に利用する技術は環境を破壊しないようにしよう。

●環境保護に努力する山岳国の活動を発展させるために協力しよう。

●政治的配慮によって、自由に登山出来る地域を広げよう。