美し森ハイキング&温泉

福島県浪江町、富岡町烏、いわき市、楢葉町、大熊町、宮城現から
首都圏に避難されている皆さんをお誘いして
『福島県三春町出身登山家田部井淳子と行こう~山梨県・美し森ハイキング&温泉』の報告
2013年7月29日(月)、福島県浪江町、南相馬市、富岡町、いわき市、楢葉町、大熊町、201307292宮城県から首都圏に避難されている皆さん41名を山梨県・美し 森のハイキングにお誘いしました。HAT-Jスタッフは田部井夫妻含め10名。アルソアからも2名の参加をいただきました。
到着すると緑の森は小雨模様でしたが、田部井さんの「雨の日に家に居るのも一日、雨で外に出て皆さんと笑顔でお話するのも一日」の言葉に、大勢の笑顔が傘をさしてのスタートとなりました。
標高1500mの高原の牧場を歩きます。霧が幻想的な景色をつくり、マイナスイオンもたっぷり吸い込み、気持ちイイ!雨でも来て良かった!自然の 中を歩きたかった!と歓声も上がりました。フジアザミ、シモツケ草、ヤマホタルブクロ、ウツギ草、イブキジャコウ草なども見ることが出来ました。
201307291 今回は、大熊町から文京区と中野区、楢葉町から世田谷区と中野区、とそれぞれ分かれてしまって消息が分らなくなっていた同士が、ここで再会する事が出来たということがありました。嬉しいハプニングに、雨でも実施した甲斐があったというものでした。
昼食は、アルソアのご厚意で、清里の本社施設のホールにて。靴を脱いで、足を伸ばし、オーガニックコーヒーもごちそうになりました。手作りで持参 したお弁当をいただき、ゆっくりすることが出来ました。バスの中でも田部井さんの手作りの干し柿のしそ巻き、ごぼうの煮しめなど、大好評でした。雨で歩く 時間が短めになったおかげ(!?)で、お風呂の時間、道の駅での時間がたっぷりとれたハイキングでした、
□主催=NPO法人HAT-J東北応援プロジェクト
□協力=株式会社AOB慧央グループ、アルソア本社株式会社、株式会社アル
□主催=葛尾村三春出張所
富岡町三春出張所
NPO法人HAT-J東北応援プロジェクト
□協力=(株)三春の里振興公社
株式会社アルカ


Posted in 東北応援プロジェクト, 活動報告 and tagged by with comments disabled.