第3回山岳自然環境セミナー山岳団体自然環境連絡会 テーマ: 山は誰が守るのか 〜山小屋から見た山の環境

第3回山岳自然環境セミナー山岳団体自然環境連絡会
テーマ: 山は誰が守るのか 〜山小屋から見た山の環境〜
山を舞台にした登山は世代を超え、様々な利用形態の広がりのなかで多様化し拡大の方向となっています。多くの人が山を気軽に親しめるようになった反面、誰が山の自然環境を守り、誰が登山道を維持管理するのか、誰がその費用を負担するのか、私たち登山者は深く考えず歩いています。
本セミナーは、宿泊施設の提供、登山道の維持管理、遭難者の救助活動、自然環境の保全など、登山者が安全・快適に山を楽しめるサービスを提供してきた山小屋の公共的な役割の現状と課題を議論し、誰がどう山岳の環境を守るのかを考えます。
これからの山の適正な利用のあり方や、山の自然環境保全を考える良い機会であり、多くの方のご参加を期待します。
◆日程: 3月29日(日) 13時〜17時 (受付開始 12:40)
◆場所: 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟401号室
小田急線 参宮橋駅 7分、地下鉄千代田線 代々木公園駅 10分
◆内容 敬称略
◎基調講演: 日本の山が危ない 〜登山の経済学〜
講演者 週刊ダイヤモンド編集部 鈴木洋子
◎ディスカッション: 山の保護と利用に、山小屋、登山者、行政のできること
1.パネリストからの報告
(1)「三ッ峠での自然保護活動の歩み」 三ッ峠山荘 中村光吉
(2)「山小屋の現場から見た登山の現状」 殺生ヒュッテ 山本 さよ子
(3)「山岳利用の現状と課題」 環境省自然環境局自然環境情報分析官 徳丸 久衛
2.討議&質疑応答 モデレータ: 日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト 張 晶子
◆参加費(資料代): 700円(学生無料)
◆参加予定人数:  100人
◆申し込み方法は、構成メンバーの各団体に所属している方は 所属団体に申し込み願います。所属されていない方は(公社)東京都山岳連盟・自然保護委員会のHPに 申し込み方法が2月中旬頃に掲載されます

◆チラシ掲載URL file:///C:/Users/TAWARAYAMA/Desktop/f20200203sangakusemina.pdf

主催 山岳団体自然環境連絡会
構成メンバー: (公社)日本山岳・スポーツクライミング協会、日本勤労者山岳連盟、(公社)日本山岳会、(NPO法人)日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト、(公社)東京都山岳連盟、(公社)日本山岳ガイド協会、山はみんなの宝クラブ【出典:(公社)東京都山岳連盟・自然保護委員会のHP】