クリーンハイク青梅丘陵活動報告

日 時:2019年4月21日(日)

参加者:中平、飯島、岡山、佐浦

天 候:晴れ時々曇り

コースタイム

軍畑9:27→9:57青梅丘陵ハイキングコース入り口→10:45雷電山10:51→11:07→辛垣城跡登り口→11:22辛垣山(辛垣城跡)11:25→11:39辛垣城跡と本線合流地点→11:41名郷峠(昼食)12:08→12:35ノスザワ峠12:42→13:54三方山→13:07→石神前駅分岐→13:24鉄塔跡→13:57日向和田駅分岐(日向和田駅に向け下山開始)→ 14:18舗装道路→14:28日向和田駅(解散)

参加者4名で軍畑駅を出発。舗装道路を進み、15分ほどで何年か前に登った高水三山への分岐。道なりに進むと右側に青梅丘陵ハイキングコースの道標が見えてきた。ハイキングコースに入り一休み。衣服調整をし、歩き始める。しばらく歩くと階段道になる。土留めの丸太は新しい。整備して間がないという感じで歩きやすい。雷電山までは結構な急登で息が上がってしまいそう。雷電山着10時51分。先に登っていた登山者の男性に集合写真を写してもらう。アップダウンが続くコースにはスミレが花を咲かせている。

11時07分辛垣(からかい)城跡入り口着。一休みし、間食を摂ってから辛垣城跡に登り始める。15分ほどで辛垣山山頂に到着。山頂は建物を建てる余裕もないほど狭いところだった。看板によると山頂の平坦部は大正末期まで行われた石灰石の採掘で崩れ、往事の面影は留めていないと記されていた。15分ほど下って本線合流地点に到着した。本線間は約500mだそうだ。名郷峠で昼食。小さな祠があり、その手前にこれも小さな鳥居が建てられていた。そばにはミヤマシキミがこんもりと咲いている。昼食時間は25分ほど。12時35分ノスザワ峠着。地図にはその名が記されていなかった。三方山を横に見ながら更に歩くと石神前駅分岐。この地点が軍畑駅と青梅駅の中間地点で軍畑駅から5.5km、青梅駅まで5.4kmとなっている。国土地理院の5万分の一の地図に記されている鉄塔部に着いたが、鉄塔は撤去されていた。昭文社の地図はいつの間にか送電線の記載が無くなってしまっている。送電線が記入されていると自分の居る場所を特定できやすいのに残念だ。鉄塔跡から30分ほど歩いて日向和田駅分岐着。青梅駅まで4kmだが下山することにした。30分ほどで日向和田駅に到着し解散。ゴミの量:0.5kg。

記:佐浦