第4 回HAT-Jトォークの報告

2017.08.19

NP O法人H A T J

自然環境推進プロジェク

のはっとぢぇいトォークはHAT-J で出来る環境保全』をテーマに次の通り実施しました

1. 日時; 2017 年8 月18 日(金) 18 時00 分から20 時00 分

2 . 場所: HATーJ 事務所

3 . 加者: 4 名

4 . 第4 回はっとぢぇいトォーク報告

 ( 1 ) なぜHAT-J で出来る環境保全を今回のテーマとしたか

   次の点を踏まえHATーJ が行う環境保全活動についてどうあるべきかで話し合を行い

   ました

  ① 国際山岳環境保全団体として行うべき活動

  ② H A T J のスローガン『山にいいこと」HA T のこころ』、『山々自然と環境を守るHA

   T J を具現化する活動

 (2 ) 環境NPO の主な意見。 

  ① の環境ボランティアの団体数や主な活動容の紹介

  ②我が国における環境保護団体の設立の経緯

  ③ HAT ーJ がう環境保護活動

   ●現在、HAT-J が行ている青少年環境教育の内容と改善について

   ●山岳環境保全団体として、トイレのマナー改のための啓蒙活動、HAT-Jの携帯ト

    イレプロジェクトと協力し、携帯トイレの啓活動を行う

   ● 道の現況、木道の状況をレポートし危険所等を自治体にお知らせし、修復を依頼

    する

    等、その他いろいろ意見が

  (3 ) 結論

    今後のHAT-J の活動としては、地球で生きている達』、私達が来る、守れる環境

    保全J」として、次の活動を推進していくのはどうか

   ① 岳地域でのトイ(携帯トイレ、小屋等のトイレ)のルールの啓蒙活動と実践

    回収B 0 X の設置箇所のH P 掲載

   ② 荒廃登道、壊た木道のレポート

   ③次世代の環境全を担う「子供」を育てる

    環境教育キャンプを春夏秋冬 年4 回実施

   ④それ以外の活動はの団体と協業(コラボ)する

   ⑤ HAT J の会員の環境教育の実施岳スックの使用、生物多様性、山岳環境にお

    ける生態系等)

5. 次回開催:

 (1 ) 富士の入山料について

 (2 )日 時: 9 月 2 9 日(土) 18 時か 2 0 時(目途)

 (3 ) 開催場所 : HAT J 事務所

 (4 ) 資料代 : 300円

 (5 )連絡先 :E m a iI :info(at)hat-j.jp

         (スパム対策(at) としていますの@に変更願います)

          FAX:03-6457-7184

          電話: 03-6457-7183 (月、水、金の1 4 時から1 6 時の、在籍)

  ( 6)その他: 資料準備の関係上ご参いただける方はお名前と連絡先を一報願います

       ( 日の歓迎います。

                                              以上