『霊山(りょうぜん)ハイキング』の報告

三春の仮設住宅の方々と

                      『霊山(りょうぜん)ハイキング』の報告

2014121011060000    12月10日(水)今日は、三春町の仮設住宅にいる、富岡町、葛尾村の方達38人と、HAT-Jのスタッフ9人、三春町のスタッフ3人、の  50人と、カメラマン一人で福島県の霊山(りょうぜん)を歩いてきました。

朝は日差しがあり、良かったと思っていたら、だんだん雲が広がって、寒くなりました。でも、風がなく、歩くにはいい具合でした。登山口から15分程で鍛冶小屋に着く。そして、宝寿台、見下し岩、とゆっくりゆっくり景色を見ながら登る。2日前に降った雪が残っていて、慎重になりましたが、親知らず子知らずの変化のある岩の景色の中を進み、護摩壇に到着。あいにく安達太良連峰は見えません。霊山城址で昼食をとり、最高峰の東物見岩へ。記念写真を撮って、蟻の戸渡り、望洋台、日暮岩、と変化のある山道に、展望はなかったものの皆さん喜んでいました

初めてハイキングに参加した方もいました。やっと出掛けようという気持ちになったのです、と言っておられました。仮設で迎える4回目のお正月になってしまいました。まだ、帰れる見通しがついてないです。子供たちは、帰って来ないでしょう、年寄りばかりが残っているのですよ、と、少し淋しそうな様子でした。

2014121012050000     雪が降ると、除染が出来ないからね・・と言っておられましたね。いつになったら、自分の家で、お正月を迎えることが出来るのでしょうか!私たちに、出来ることは、ハイキングにお誘いすること位で、歯がゆい気持ちです。

でも、皆さん元気でいてください!


Posted in 東北応援プロジェクト and tagged by with comments disabled.