裏磐梯五色沼ハイキング

初めてお誘いした飯館村の方々と

   『裏磐梯五色沼散策と温泉ハイキング』の報告

gosikunuma20141015-00110月15日(水)台風一過の雲ひとつない青い空、初めて参加の飯館村の方20名が磐梯ビジターセンターに到着、HAT-Jスタッフ7名。早速3班に分けてから田部井政伸さんから本日のご挨拶。

福島支部長江花さんに準備体操の音頭を取ってもらい、出発する。3分ほど歩くと目の前にエメラルドグリーンの毘沙門沼が見えてきた。皆さんの中からいっせいに綺麗と喚声があがった。遊歩道を歩いて磐梯山の火口を眺め、少し色づき始めたかえでが鮮やかに見える。やはり赤は綺麗ね、とご自分の庭を思い出している様子の方。大きな鯉がゆっくりと泳いでいるのを見るとなぜかホットすると話していた。このところ歩くことが少なくなり少しの段差でころんで膝を打ってしまった、と話す方。今日は久しぶりに気持が良いで20141015-2す、これからも少しずつ外にでてみようかな…、等々、皆さん、まだまだ帰れる状態ではないようです。アケビのみがついた木の下では、食べれるよ、と手にとっている。

磐梯山の火山質の鉱物より水の色が変化する五色沼では、弁天沼、青沼、るり沼を見ているうちにだんだんうちとけて震災以来の再会で話しに花が咲きました。お昼のお弁当は、江花さんのお薦めで広い芝にすすき野原、目の前には磐梯山と
絶妙な景色の中で。様々のお漬物、果物のさしいれが次々と手渡しされ、笑い声は青空に抜けてとても楽しそう。帰路に近くの国民休暇村に立寄り、温泉に入って、またの再会を約束しました。

 


Posted in 東北応援プロジェクト and tagged by with comments disabled.