一切経山・鎌沼ハイキング


富岡町・葛尾村のみなさんと

   『一切経山・鎌沼ハイキング』の報告

kamanumahaikingu0012014年7月28日、今日は三春、沢石、平沢などの仮設住宅や、民間借り上げ住宅に避難されている、福島県富岡町、葛尾村の方達38人と一切経山(福島県)に登りました。

HAT-J東北応援プロジェクトと福島支部から5人が参加、

NHKはじめ、福島県のテレビ局も2社同行したので、結構な人数になりました。

最初7月11日に予定していたのですが、台風や低気圧の通過があり延期していた経過があり、皆さん、とても楽しみにしてくださったようです。

浄土平にバスで9時半に集合し、3班にわかれ、ストレッチの後、ゆっくり、酸ヶ平コースに向かいました。硫黄の匂いで、目をあげると、一切経の山肌に白い煙がのぼぅていました。まだ、シャクナゲが、咲いていて、大喜び。オトギリソウ、ニガナ、タテヤマリンドウ、なども咲いて、クロマメノキには、ブルーベリーのような実がなっていました。

避難小屋の上の坂道を登り詰めると、鎌沼・東吾妻山が一望できました。山頂では班ごとに記念写真。遥か眼下のルビー色の五色沼には、いっせいに喚声の声があがります。

「4時に起きて、弁当作りました。」「仮設でも、プランターで作ったトマト持ってきました。」「キュウリも漬物にしてきました。」など会う度に明るく、元気になる姿に、私達も嬉しい思いになります。私達も、キュウリ、玉子焼き、鳥の唐揚げなどいただき、美味しく楽しみました。三春に避難して良かったですよ。とうとう、三春町民になること決めました、など以前とは気持ちも変化されたようでした。。

kamanumahaikingu002東京での東北応援の夕べコンサートにわざわざ来て下さった方達もいらっしゃっていて、本当に嬉しく思いました。

帰りは鎌沼を半分まで歩き、同じ道を浄土平に戻りました。「秋の紅葉も綺麗だろうね」と名残りを惜しみながら、野地温泉で汗をながして帰路につきました。

 

 


Posted in 東北応援プロジェクト, 活動報告 and tagged by with comments disabled.