富岡町のみなさんと『三春ハイキング』の報告


hat-j-miharuhaikingu0014月24日(木)は、福島県郡山市の仮設住宅や民間借り上げ住宅にお住まいの富岡町を中心とした方々40名をお迎えして三春町内を歩きました。

 当日2名のキャンセルがありましたが、スタッフ8名(HAT-J7名と社協スタッフ1名)が、4つの班に2名ずつついて歩きました。晴天で、風もなく、桜もまだまだ見頃で、本当に素晴らしい日になりました。

 富岡町の方達の中には91歳の方も参加されていましたが、毎日1万歩いているとのことで、息子さんご夫婦と元気に歩かれていました。戦争の経験もあり、59歳のときに奥さんを亡くし、この年で仮設住宅で暮らすようになるとは思ってもいなかった、しかし、今日、素晴らしい三春の滝桜をみて本当に良かった、まだまだ若いものには負けられないと、元気に話されていました。また、応援して下さる沢山の方たちに、どの様にしてお礼が出来るのかと考えているとおっしゃる方もいらっしゃいました。みんな仲間でお互い様なのだから、元気になってくださることが一番のお返しですとお伝えしました。

hat-j-miharuhaikingu002又、ぜひ参加したい、お誘いがあると出ることができますとのことでした。今後もお誘いしたいと思います。東京は、オバマ大統領の来日で、交通機関にいろいろ規制があったようですが、滝桜周辺はそれほどの混雑もありませんでした。満開桜に彩られた、三春の里山は本当に山笑う季節の風景で、みんなで春を堪能した一日でした。


Posted in 東北応援プロジェクト, 活動報告 by with comments disabled.